新着情報

令和5年度高性能林業新機械(タワーヤーダ)導入研修会を開催

山形県森林協会では、12月12日に鶴岡市鼠ヶ関地区で高性能林業新機械(タワーヤーダ)導入研修会を開催しました。山形県林業統計(令和3年)によれば、県内で高性能林業機械は201台が保有されていますが、まだタワーヤーダは導入されていません。このため、今回の研修会は大きな関心を集め、林業事業体や行政機関等から56名の参加がありました。 ◆はじめに 温海町森林組合では、急傾斜地により作業道開設が困難な場所 […]

高性能林業機械メンテナンス研修会を開催

令和3年度制定の「やまがた森林ノミクス加速化ビジョン」で定められた評価指標、令和12年度県産木材供給量90万㎥(令和4年度58万㎥)の達成に大きな役割を果たするのが高性能林業機械です。高性能林業機械の導入は、労働生産性の向上、生産コストの削減、労働災害の低減など労働環境の改善に大きく貢献します。 県内でも高性能林業機械の導入が年々増加しており、令和3年度における保有台数は201台となっております。 […]

高性能林業機械の活用による最新の採材システム

木材は採材の仕方によって価格が変わります。最適な採材プランに導いてくれる高性能林業機械の新しい採材システムについて、日立建機日本株式会社にまとめていただきました。 令和3年度各県年間伐採利用可能量及び素材生産量 ◆はじめに 山形県の森林面積は、県土全体の72%を占める67万㏊で、全国でも8番目の広さを誇る国内有数の森林資源保有県であります。 しかし、素材生産量は東北各県と比較してもまだまだ少なく、 […]

高性能林業機械の調達について~所有からレンタルへ~

プロセッサやフォワーダなどの高性能林業機械の購入には高額な費用がかかります。このため、高性能林業機械の利用期間やメンテナンス費用の負担等を考え、高性能林業機械のレンタル利用が増えていることから、高性能林業機械の調達について、株式会社レンタルのニッケンにまとめていただきました。 ◆はじめに  高性能林業機械は生産性の向上や重労働からの解放、労働災害の削減など様々な面で林業業界に貢献しています。そのよ […]

高性能林業新機械(タワーヤーダ)導入研修会を開催

山形県森林協会では、11月に鶴岡市関川で高性能林業新機械(タワーヤーダ)導入研修会を開催しました。山形県林業統計(令和2年)によれば、県内で高性能林業機械は204台が保有されておりますが、まだタワーヤーダは導入されておりません。それだけに今回の研修会は大きな関心を集め、林業事業体等から40名の参加がありました。 ◆はじめに 温海町森林組合では、急傾斜地や作業道開設ができない場所などでの間伐や皆伐等 […]