お知らせ

研修会やイベント等で活用できる「DVDライブラリ-」を作成しました。
主に、県や関係団体等に貸し出しいたします。
保管場所に記載のある機関に直接お問い合わせください。

DVDライブラリーダウンロード:DVDライブラリー(PDF)

 

メッセージスライドフォト

「やまがた森林ノミクス」の推進を図るためには、林業の担い手を確保することが重要です。
このため、林業の魅力を広く広報し、一般の方々に林業への興味を持ってもらうことが必要です。
このメッセージスライドフォトは、林業に携わっている若者や女性の生の声を届け、「林業の魅力」や「林業のやりがい」を皆様に届けるために作成したものです。どうぞ、ご覧になってください。

山形県森林協会

 

 髙橋孝一さん

(有)高菊林業 取締役
真室川町

Q1:あなたは、なぜ林業関係の仕事に就いたのですか?

A1:

東京方面の工学系の大学を卒業して山形に戻り、自動車整備関係の仕事をしたかった。
父が林業の会社を経営していたので、林業を母体とした自動車整備工場を立ち上げました。

Q2:あなたは、今、どんな仕事をしているのですか?

A2:

山にある木を伐採して丸太に加工し、運搬・集積する素材生産を中心に仕事をしている。
また、伐採した後は重機を使って苗木を運び、植え付けを行っています。

Q3:あなたはこれからどんなことをやりたいと思っていますか?

A3:

うちの会社はベテラン職人が半数程度いるが、もっと若い職人を多く育てて規模拡大を図りたい。
この辺も荒廃した山が多く見られるので、山の所有者と話し合いながら、これを集約化して綺麗な山にしていきたい。

Q4:このメッセージスライドフォトをご覧になっている皆さんにどんなことを伝えたいですか?

A4:

森の自然を守ることは、きれいな水、きれいな空気を生み出し、そして自然災害から守るということに繋がっている。
そういう大切な仕事をしているんだ!という誇りを持てる仕事だと思います。

 

 工藤友紀さん

山形県農林大学校2年生
東根市

Q1:あなたは、なぜ林業を学びたいと思ったのですか?

A1:

高校で森林について多方面から科学的に勉強する森林科学を学んだ。森林が私たちの生活に果たす役割、生き物を含めた生態系の保護など、自然環境の保全がみんなの生活に役立つと考え、更に深く学ぶため農林大学校に進みました。

Q2:あなたは、今、どんな勉強をしているのですか?

A2:

伐採や植栽、高性能林業機械操作などの実習のほか、造林・育林や森林生態など、森を育て資源として利用するさまざまな技術を学んでいる。また、林業に係る資格が沢山取れるのも魅力で、必要な資格は取得できました。

Q3:あなたはこれからどんなことをやりたいと思っていますか?

A3:

森林施業プランナーのような仕事がしたい。山の所有者さんのために「いいアイデア」を出して、経済林として成り立つように、あるいは環境保全に役立つような「いい山」になるよう導いていきたい。

Q4:このメッセージスライドフォトをご覧になっている皆さんにどんなことを伝えたいですか?

A4:

林業はまだ少数ですが、女性も働ける職場だと思う。女性だからできるきめ細やかな心遣いを林業に取り入れていきたい。林業は、地元山形に貢献できる仕事だと思う。
結婚しても続けていきたいと思います。

 

 庄司 剣さん

(株)庄司製材所 常務取締役
真室川町

Q1:あなたは、なぜ林業関係の仕事に就いたのですか?

A1:

私が物心ついたときには父は製材業をしていて、小学生の高学年頃からは手伝いをしていました。高校、大学を経て東京の材木会社で修業し、山形に戻りましたが、子供の頃から木材関係の仕事をしようと思っていました。

Q2:あなたは、今、どんな仕事をしているのですか?

A2:

製材所で製材し終わった製品を地元の大工さん、農家さん、一般のお客様に使いやすい木材を、その時欲しいといわれる材料を常時在庫して、ない場合はすぐ製材して販売している。お客様のご要望に応じて、県内において配達もしています。

Q3:あなたはこれからどんなことをやりたいと思っていますか?

A3:

会社では、製材して残った木材などを無駄なく利用して、木質ペレットを作り始めた。これは産業廃棄物として出さず、石油に代わる燃料として、循環型社会や地球温暖化防止にも貢献できます。是非、皆様に普及させたいと思います。

Q4:このメッセージスライドフォトをご覧になっている皆さんにどんなことを伝えたいですか?

A4:

先人達が木を植え、育ててくれたものを、今私達が伐採して使っている。今度は、私達が植えて育てて、子供たちに繋げていく。自然とともに長い時間軸で仕事ができる。これが木に携わる仕事の魅力だと思います。

 

 藤田 翼さん

最上広域森林組合
真室川町
農林大学校第1期生

Q1:あなたは、なぜ林業関係の仕事に就いたのですか?

A1:

高校の先生から今度できる農林大学校の林業経営学科に進学してみないかと勧められたことがキッカケです。
ちょうどその時,映画WOODJOB!(田舎の村で林業研修に参加することになった主人公の物語)を見て山の仕事に憧れました。

Q2:あなたは、今、どんな仕事をしているのですか?

A2:

山に入ってチェンソーで木を伐採したり、高性能林業機械プロセッサ(枝の切払い、設定した長さでの木材の切揃え、丸太を揃えながらの積み重ね等が1台でできる機械)の操作などを行っています。

Q3:あなたはこれからどんなことをやりたいと思っていますか?

A3:

自分はまだ修行の身ですが、いずれは自分でこの山の木を切るのにどうしたら最も効率的にできるか、計画を練り、実行出来るような、山の所有者さんに喜んでもらえるようなプランナーになりたいと思います。

Q4:このメッセージスライドフォトをご覧になっている皆さんにどんなことを伝えたいですか?

A4:

どんな仕事に就いたらよいかわからない人は、何でもいいや!ではなく、世の中の人や地元に貢献できるような仕事を選んでほしい。自分は、自然環境を守る林業を選びました。森林に興味のある人!一緒に頑張りませんか。

 

 多田千尋さん

山形県農林大学校 1年生
山形市

Q1:あなたは、なぜ林業を学びたいと思ったのですか?

A1:

元々実家は祖父の代から続く林業の会社を経営していたが、私は林業に全く関わらずに育った。ある日、父から林業をやめた事を聞き、私は林業のことを知りたくなった。そして林業を学び始めました。

Q2:あなたは、今、どんな勉強をしているのですか?

A2:

最初は県外の林業を現場で学び、さらに専門的な知識を得たいと思い農林大学校に入学しました。チェンソーなど林業機械の技術だけでなく、山を管理し活かしていくプランを作成する森林施業プランナーになりたい。

Q3:あなたはこれからどんなことをやりたいと思っていますか?

A3:

実家で所有している山を自分で手入れして、地域の模範となるような山づくりを行いたい。
また、里山を中心に人と人が関われるような地域密着型の林業会社を新たにつくりたい。

Q4:このメッセージスライドフォトをご覧になっている皆さんにどんなことを伝えたいですか?

A4:

女性の林業進出をし易くするため、色々な情報交換のできる女性のための林業ネットワークの充実・拡大に貢献したい。林業女子の悩みや不安解消に役立てば、より一層活き活きと働ける職場になる。女性の更なる林業進出も期待できます。

 

 木村勇智さん

(有)マッシュハウス最上 専務取締役
最上町
青年林業士

Q1:あなたは、なぜ林業関係の仕事に就いたのですか?

A1:

父親である社長がきのこ栽培を周年で始めていて、生まれた時からきのこのある環境の中で育ちました。遊び場にもきのこがありましたし、仕事の手伝いもしていたので、すんなりとこの道に進みました。

Q2:あなたは、今、どんな仕事をしているのですか?

A2:

舞茸と椎茸の2種類のきのこを栽培しています。うちでは楢木100%のオガ紛に栄養源をブレンドして菌床をつくり、きのこの種菌を植え育てています。そして販売のための営業もやっています。

Q3:あなたはこれからどんなことをやりたいと思っていますか?

A3:

きのこを周年で栽培しているので、秋冬だけではなく、夏場のきのこの魅力を伝えたい。栄養食材、健康食材としてのきのこの位置づけを高めていきたい。そうした努力が、産業と会社の未来へ繋がると考えています。

Q4:このメッセージスライドフォトをご覧になっている皆さんにどんなことを伝えたいですか?

A4:

私は、経験というのは真剣に物事に取り組んできた時間の積み重ねだと思っています。自分もそういう経験をしっかり積んでいきたい。
皆さん!私と一緒に経験しませんか。

 

  小関大祐さん

(有)小関興業 常務取締役
新庄市 青年林業士

Q1:あなたは、なぜ林業関係の仕事に就いたのですか?

A1:

元々、祖父が土木関係の会社を創業し、父が引継ぎ、林業専門の会社に育て上げた。
自分は横浜で建設関係の会社に勤めていたが、会社を継ぐ身なので山形に戻って父の会社に就職しました。

Q2:あなたは、今、どんな仕事をしているのですか?

A2:

山に重機が入る道を作り、木を倒して寸法通りに切り、運搬するという素材生産の仕事をしている。一般の方には見れないような林業に特化したアタッチメント装備の高性能林業機械のオペレータをしています。

Q3:あなたはこれからどんなことをやりたいと思っていますか?

A3:

ICTを活用した最新の機器を使って、もっと効率的な林業をしたい。GPSやドローンも活用し、作業の効率化を図り生産性を上げたい。きつい作業から解放し、山の作業員から山のエンジニアへ変えていきたい。

Q4:このメッセージスライドフォトをご覧になっている皆さんにどんなことを伝えたいですか?

A4:

今、林業は大きく変わってきている!
高性能林業機械の導入による重労働の削減、女性の進出による職場環境の変化、実生活でのスローライフの満喫など、森の良さを体感し、新しい林業を体験してください。

やまがた森林ノミクス産業展inもがみ2019
やまがた森林ノミクス産業展inもがみ2019
やまがた森林ノミクス産業展inもがみ2019
やまがた森林ノミクス産業展inもがみ2019
やまがた森林ノミクス産業展inもがみ2019
やまがた森林ノミクス産業展inもがみ2019